ベビースキンケア

新生児期のお肌のスキンケア

生まれたての新生児は「胎脂」で肌が守られています。

 

日がたつと、徐々に胎脂が減り、新生児落屑という皮がポロポロと落ちるようになることもあります。

 

この状態は病気ではありません。

 

新生児の肌の発達の位置段階ですから心配は無く、むしろ気にして無理にはがそうとするほうが炎症の危険があります。

 

自然に剥がれ落ちるのを待つようにしてください。

 

新生児のお肌のケアは、何かをつけるというより、清潔に保つこと。

 

頭や顔のガサガサ、ブツブツを防ぐため、沐浴は石鹸をつけてガーゼなどで優しく洗ってあげましょう。

 

オムツも注意で、見逃しやすいお尻やおまたも気をつけてよく見てあげてください。

 

オムツ替えで、オムツかぶれや赤みが気になる場合は擦らずに、水洗い、または水を含ませた柔らかい布で押さえ拭きした後に、良く乾かしてください。

 

オムツの種類よりもおしりふきとか方法を変えるほうが効果的な場合もよくあります。

 

とにかく清潔にして、あかちゃんが快適に過ごせるような状態を作ってあげられるようにしてくださいね。


このページの先頭へ戻る